EveryPhoneのモデル比較表

表内を左右スワイプしてご覧ください。

  EveryPhone BZ
EveryPhone BZ
EP-172BZ
EveryPhone PR
EveryPhone PR
EP-172PR
カラー Black/Gold Black/Gold
OS Android 7.1.1 Android 7.1.1
SoC(cpu)
コア数
MTK6737
4コア/最大1.3GHz
MTK6750
8コア
メモリ 2GB 3GB
記憶装置 ※12 32GB 64GB
インカメラ 200万画素 200万画素
アウトカメラ 800万画素 デュアル
800万+200万画素
RAWでの保存 × ×
液晶 5.5インチ/IPS 5.5インチ/IPS
解像度 HD
1,280×720
(267dpi)
HD
1,280×720
(267dpi)
サイズ(高)
(幅)
(厚)
154.0mm
77.0mm
8.9mm
154.5mm
77.5mm
8.5mm
重量 約190g 約180g
4G/LTE対応バンド ※5

1,3,8,19



1,3,8,19

3G/WCDMA対応バンド ※5

1,6,8



1,6,8

2G/GSM ※15

Quad



Quad

Wi-Fi 802.11b/g/n
(2.4GHz)
802.11b/g/n
(2.4GHz)
BluetoothR 4.0
SIMスロット数 2 2
SIMカードスロットトレイ1 ※8 microSIM nanoSIM
SIMカードスロットトレイ2 ※8 microSIM nanoSIMまたはmicroSD
※9
microSDスロット SIMトレイ2と共用 ※9
microSD最大容量 64GB(SDXC) 64GB(SDXC)
GPS
3G回線同時待受 ※11 ○ ※7 ○ ※7
センサー 加速度/照度/近接 加速度/照度/近接/ジャイロ
FMラジオ※13 ○(76~95MHz)
ワイドFM 対応
○(76~95MHz)
ワイドFM 対応
USBポート microUSB
Type-B
microUSB
Type-B
バッテリー容量 2,500mAh 2,500mAh
バッテリー取り外し ×
急速充電対応
※10 ※14
× ×
連続通話
時間 ※1 ※3


約9時間



約9時間

連続待受時間
※2 ※3


約200時間



約200時間

指紋認証
※4

背面ボタンに内蔵

前面ボタンに内蔵
付属品:USBケーブル
保証・サポート期間 2年間(店頭持込・預かり修理) 2年間(店頭持込・預かり修理)
※ 製品仕様一覧の内容は本製品のハードウェアの仕様であり、OS のバージョンや使用されるソフトウェアによって、一部もしくは全部の機能が有効かつ十分な性能を発揮できない場合が御座います。
※ ユーザーマニュアルは本製品には付属しておりません、Q&A から該当する質問などを検索してください。
※ 製品仕様一覧の内容は開発段階での仕様であり、変更される可能性があります。
※ 容量が32GBを超えるmicroSDカードは使用する端末でフォーマットする必要があります。
※1 連続通話時間とは、電波を正常に受信できる静止状態で、動作保証温度内での使用における平均的な利用時間です。
※2 連続待受時間とは、電波を正常に受信できる静止状態で、動作保証温度内での使用における平均的な利用時間です。
※3 連続待受時間・連続通話時間は、設定の状況、アプリの常駐状況、通信環境やアプリ・WEB閲覧・通話・メール・カメラなどのご使用頻度により、大きく変動します。
※4 指紋認証で登録可能な件数は、最大で5件までとなります。
※5 ご利用される通信サービスが、本機が対応するバンドに対応しているかどうかは、通信サービスを提供されている会社のホームページ、もしくは購入店舗にてご確認ください。
※6 2枚のSIMでの同時使用はできませんが、設定画面からその時に使用したいSIMへの切り替えを行う事で、2枚のSIMを使い分ける事は可能です。
※7 同時待受け(DSDS/Dual-SIM Dual-Standby)では、SIM1を通信用と設定した場合に、SIM1で通信中にSIM2に着信があると、SIM1の通信は切断されます。
※8 SIMサイズを変換するアダプターは絶対に使用しないでください、SIMが取り出せなくなり故障の原因となります。
※9 nano-SIMとmicroSDの同時使用はできません、DSDS機能を使用される場合はmicroSDが使用できません。
※10 付属のACアダプター及びケーブル以外での、急速充電は保証できません。
※11 通信に使えるSIMは1枚(設定画面より任意で選択可能)だけになります。
※12 搭載されている記憶装置の容量であり、空き領域ではありません。空き領域はモデルにより異なります。
※13 イヤホンがアンテナとなりますので、ラジオ機能を使用するには付属のイヤホン又は、市販のイヤホンを必ず接続してください。
※14 端末のバッテリー残容量、使用状況(端末を使用しながら充電など)、端末の温度状態によっては、保護回路が働き急速充電が制限される場合があります。
※15 日本国内では使用されていない規格です。